FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルの「きんちゃくBAG」を作って、浴衣で街へ飛び出そう!(2012.7.1)

    美道楽


今年は、どんな浴衣を着ようかな?
浴衣には、どんな小物を合わせようかな?

梅雨に入るか入らないかの時期になると、
そんなことに思いを巡らしたりしませんか?

できれば、人とはちょっと違った小物で差をつけたいところ。
オリジナルのBAGなら自慢できますよね!

背守り(背紋飾り)の型をモチーフにした、
立体的なビーズ刺繍にチャレンジしました。

背守りとは、子供の背中を守るための刺繍。
背中には目がありません。
子供の着物の背中には縫い目もありません。
なので、背中に縫った魔よけの印をいいます。

bidouraku

そんな背守りを現代風にアレンジ☆
女性は「橘」
 ・・・1年中葉が生い茂っていることから生命力や長寿の象徴
男性は「亀」
 ・・・吉祥紋様の代表選手。
   鶴は千年、亀は万年生きたという長寿の象徴

早速作業開始です。
さまざまな種類のビーズを出し、型どおりに一つ一つ縫い付けていきます。
最初は和気藹々としているのですが、皆さんだんだん真剣モード。

bidouraku


途中ランチタイムになるのですが、食事もお話もそこそこに作業に戻ったり(笑)
W.Wのランチは、実はとても美味しいのですよ!

bidouraku

「裁縫は家庭科の授業以来だ!」と言っていた方も
しっかり出来上がっていました。
いかがですか?なかなかオシャレでしょ!

page.jpg



そして第2部は、皇居へ。
皇居はわりと身近にあるものですが、
じっくり見て回ったことはないですよね。
今回はガイドさんについてもらい、東御苑を散策しました。
・・・ただ、予報どおりお天気が怪しくなってきました。。。

2012-07-01 15.10.12

とにかく広い!
今は、当時の面影はわずかしかありませんが、
大所帯だったことが良くわかります。
そして、番所も多く、チェックが厳しかったことも伺えます。

page006.jpg

昭和天皇の時代になって、我々に開放される際、
さまざまな珍しい植物を植えたそうです。
それだけでも見ごたえはあります。

ちょうど訪れた頃、
梅林坂は梅の実の甘~い香りに包まれていました。

雨が強くなっていましたが、ふっと香るその香りに、
皆さんの足もややゆったり進んでいたのでした。



minaminaman

スポンサーサイト

テーマ : 着物 - ジャンル : ファッション・ブランド

Tag : 着物 美道楽 浴衣 散策 皇居 ビーズ刺繍

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。