FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深川掘割お花見クルーズ@江戸美学研究会(2012.4.1)

    深川不動尊


桜のつぼみがふくらみ始めた春の日、お花見クルーズに参加しました。

江戸美学研究会が主催するこの企画は、掘割跡を散策した後、
大横川を船で往来するという下町のお勉強会です。

13時の集合の前に美道楽メンバーで腹ごなし。

「お江戸深川さくらまつり」でにぎわう商店街の中にあるお蕎麦屋さん。
開店と同時に、常連さんや家族連れが入ってきます。
コシがあるのにやわらかめ。
蕎麦湯がほっこりするほど白濁♪
 bidouraku
 ☆萬寿庵

門前仲町駅改札前で江戸美学研究会の方々と合流し、いざ街へ。

 深川公園
深川の水路に大変お詳しい観光局の方の説明は、
事前に配付された、明治と昭和初期の古地図に沿って進みます。

 富岡八幡宮

深川公園から深川不動尊、永代寺、富岡八幡宮にかけては、
江戸時代からの変遷についても合わせて教えてくださいました。

 
 「国指定重要文化財 旧弾正橋(八幡橋)」東京で最初に架けられた鉄橋
 
 八幡堀遊歩道には、大横川に架かっていた橋を展示してあります

八幡宮東端の一見緑道は、実は掘割水路を埋め立てたところ。
2枚いただいた時代の違う古地図によると、
この辺り一帯、水路が縦横に通っていてベネチアのよう。
首都高深川線も水路でした。

 
 当時の海岸線に建てられた、津波警告の碑 

そして、永代通りを一つ越えた通りが昔の海岸線。
洲崎神社が祭られていたのも、浜の上だったことになります。
津波の後に、危険域が記された碑も残っていました。

古石場まで南下して、散策は終了。

 
 うぅ。。開花には早かった・・・

船場の富士見さんからお花見クルーズはスタート
・・・のはずだったのですが、
今年は、冬が長かったので開花している桜は一枝、二枝、、

 
 こんな風流な往来もありました

代わりに平久川を上ってスカイツリーを臨み、
戻っては、汐浜運河の開けた空に映える、満開の川津桜が出迎えてくれました。

 
 こちらは満開☆

事前に学んだ街について、船上からあらためて眺めるのは感慨深いものですね。
江戸、再発見の1日でした。


Hiromi
スポンサーサイト

Tag : 美道楽 着物 江戸 門前仲町 深川 掘割 クルーズ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。