FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「旅する根付」~小さくて大きな文化を感じる

   bidouraku


「根付け」を単なる飾りだと思っていました・・・これを読むまでは。

帯からちょこんと出ていて、オシャレの一部。
深い意味や背景まで考えませんでした。

「根付け」は、そもそも印籠やタバコ入れなどを帯から提げるための留具でした。
それが留具の枠を越え
 「あらゆる美術工芸ジャンルの技術や思想が結晶した、小さな文化そのもの」

だと、高円宮妃はおっしゃっています。-----小さな文化

高円宮妃は、留学中のロンドンの美術館で根付けと出会ったそうです。
茶道の侘び寂び、能の幽玄、日本画の花鳥風月という観念をうち壊すような出会いだったそうで、
その日本人のユーモアセンスに開眼したようです。
その熱が高円宮殿下に伝染し、蒐集、果ては根付け師育成にまで心血を注がれたとか。


-----さて、手のひらにすっぽり収まる根付には、ユーモア・遊び心・洒落・侘び・寂び・・・
様々な魅力があるようです。
さらに、掌で慈しむことができるのもその1つとか。

根付の姿形、はたまた材料の感触、根付が旅した先の想像力をかき立ててくれる
それが、「小さな文化」ということでしょうか。

単なるキーホルダーやストラップではないのです。
こんなにも精巧で緻密で、うっかり吹き出してしまうような愉快さ、
そして、ドキッとするようなリアルな根付は初めて見ました。

江戸のその昔、どんな人が、どこへ旅をするために帯元に提げて、
どんな風景を見ていたのだろう・・・
と、私自身も悠久の世界を旅してしまった4~5cm程度の世界。
東京国立博物館でご覧いただけますよ。

見過ごしてしまっている、日本の良き文化に触れてみませんか?

bidouraku


minaminaman
※2012年2月取材


『旅する根付 高円宮妃現代根付コレクション』
講談社

東京国立博物館
台東区上野公園13-9
09:30~17:00(月曜休館)
一般600(500)円,大学生400(300)円
根付 高円宮コレクションは本館2F
スポンサーサイト

テーマ : 着物 - ジャンル : ファッション・ブランド

Tag : 美道楽 着物 根付 東京国立博物館 高円宮妃 茶道 日本画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。