スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レポート】『江戸紅型』型染め体験をしてきました

まだ桜も満開の4月6日、江戸末期に創設された三橋工房で
「江戸紅型」の型染め体験に参加してきました。
以前から紅型には興味があったのでドキドキ☆
工房に到着すると、六代目の三橋京子さんと妹さんがお出迎え。

作業前
伊勢型紙で青く糊付された布は想像よりも細かい絵柄。

体験中

6種類の染料で少しずつ塗り分けを。
2度塗りをすることで色に深みが増します。
乾かしてからさらに墨色と赤でグラデーションをつける
テクニックも教わりました。
工房に置かれた沢山の帯や小物を見ながら、皆さん配色には悪戦苦闘!
ちなみにプロでも半幅帯に数日、着物は1カ月以上かかるとのこと。

染色後
5時間かかってどうにか塗り終わりました。

この日はこれで終了して、皆さんと歓談♪
工房の皆様に後日、蒸し→洗い→仕立てをして頂き
出来上がったのはこちらのポーチ。

ポーチm
【ポーチ正面】美道楽主催者のしろたさん作

ポーチn
【ポーチ裏面】natsuko作

余った布も一緒に頂きました。人によって大分個性が出ましたね!

完成m
しろたさんの作品は黄色が多く華やか♥

完成n
私は紫と紺、墨色を多用したので地味目です


自分で作ってみると愛着もひと際!
これから大事に使います。

ちなみにこの体験会に参加するきっかけになったのは
銀座三越で三橋京子さんに出会った事。
可愛くてレトロモダンな柄に一目惚れして購入したバッグはこちら♥

bag_20140426183946105.jpg

最後にお世話になった三橋工房さんの展覧会のお知らせです

『江戸型小紋展〜母の日に向けて』
日時:4月23日(水)〜29日(火・祝)
場所:日本橋三越本店 本館5階J・スピリッツ


dm.jpg

by natsuko
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。