スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ステーションホテルでクリスマスを!(2012.12.16)

街が最高にキラキラ輝いているこのシーズン、
何かクリスマスらしいことを満喫したいと思って
美道楽さんのイベントに参加してきました。

bidouraku

今回の舞台は、改装後間もない東京駅です。
最近、めっきり寒さが厳しくなってきましたが、
この日は珍しくポカポカ陽気で、とても快適に過ごせました。
新しく生まれ変わった東京駅を写真に収めようと、駅前は大勢の観光客で賑わっていました。

bidouraku

駅の中は吹き抜けになった、開放感あふれるドーム型の天井が印象的でした。
よく見ると、翼を広げた鳩がいるのが可愛い♪

まずは東京駅に併設している東京ステーションギャラリーを見学しました。

bidouraku

ギャラリー内には東京駅創建当時のレンガ壁が残っていて、とても趣があります。

展示室の中は撮影NGでしたが、「東京駅」や「鉄道」をモチーフにしたさまざまなアート作品を鑑賞しました。
個人的には、スケッチ画と映像を組み合わせて、行き交う電車や車、空色の移りゆきを表現した作品が素晴らしかったです。
他にも、手持ちのSuicaをかざすと乗車履歴を読み取って新たなアートが生まれるなど、斬新な発想の作品が多くて終始飽きずに楽しめました。

入館料はワンコイン(500円)なので、東京駅に来たついでにふらっと訪れてみるのもオススメです。

bidouraku

ギャラリーの2階で記念撮影。
2階にはお土産ショップがあり、鉄道モチーフのキュートなグッズが満載で、
鉄道ファンはもちろん、そうでない方も思わず何か欲しくなってしまいそう。
私は駅名の入ったチロルチョコを買おうかどうか、真剣に悩みました。

bidouraku

先ほどは下からドーム天井を見上げて感動しましたが、
2Fから行き交う人々を眺めるのも楽しいです。

そして、この後はいよいよ
憧れの東京ステーションホテルへ!
2Fにある創作フレンチのお店「ブラン ルージュ」でゴージャスなランチを楽しみました。

bidouraku

せっかくなので、食前酒をオーダー。
フルーティーなのに甘すぎず、私好みのテイストだったので、一口で気に入りました。

bidouraku

まずやって来たのが、レンゲに盛られた一口サイズのクレープ。
ピックにクリスマスカラーの飾りがついていて、細部まで凝った演出です。

bidouraku

思わず「おぉ!」と感嘆してしまった、『フレンチ松花堂 三段重』。

一段重:旬の一品をアペリティフとご一緒に
二段重:蒸し鮑と海老の豆乳グラタン仕立て 京味噌の香り
三段重:自家製パテ アーモンドヴィネガー風味のサラダ添え

bidouraku

お待ちかねのメインディッシュが登場!
私は『フランス産仔鴨胸肉のポワレ 蜂蜜とローズマリー風味』を選択。

柔らかな鴨肉がほんのり甘いソースとマッチして、ひと口頬張るごとに、幸福度がアップ♪

bidouraku

デザートはパティシエ特製スイーツ。
フルーツ盛りだくさんで、最後まで感動しっぱなしでした。

bidouraku

ちなみに、今回は「クリスマスを感じるものを1つ身に付ける」というドレスコードがあったので、
私はクリスマスキャンドルをモチーフにした帯留めをワンポイントにしました。

他の方々も帯留め、帯締め、アクセサリーなどにクリスマスを取り入れていて、とてもステキでした。
こういう、ドレスコードがある着物の会は新鮮で楽しいです。

今回はコースだったので、料理が出てくる合間にみなさまとたっぷり歓談できて、
親睦を深めることができました。

また、今後も是非参加させて頂きたいです。



Lisa
スポンサーサイト

Tag : 美道楽 着物 東京ステーションギャラリー 東京ステーションホテル ブランルージュ クリスマス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。