スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美道楽流日本酒の楽しみ方~日本酒とスペイン料理のマリアージュ♪(2012.3.17)

      kimono 美道楽



2012年3月17(土)、美道楽さんのイベントに初めて参加させて頂きました。

私は、着付けを習い始めてまだ1年の初心者ですが、
今回「美道楽流日本酒の楽しみ方~日本酒とスペイン料理のマリアージュ♪」と、
大好きな日本酒も楽しめるとあり、意気揚々と参加させて頂きました。

生憎、当日の天気は雨。
初心者が着物を着て外出するにはハードルが高く・・・
結局、同じく初心者の友達と私は、洋服で参加させて頂く事に。

目黒駅から少し離れている今回のお店「KIRAZ」さんは
住宅街の中にひっそりとある隠れ家的なお店で、
ボーっと歩いていると、うっかり見過ごしてしまいそうな程
住宅街に溶け込んでいる、純和風な佇まいのお店。
 和酒バル KIRAZ(和酒バル KIRAZ)

「ここで良いんだよねぇ」と不安な気持ちでお店に近付くと
主催者の方が笑顔で出迎えてくださり、ホっと安堵。

いそいそと傘をたたみ中に入ると、
木で内装された店内は、ストーブが焚かれとても暖かく、
ほっこりと落ち着いた空間で、寒さと緊張で身体が少し固まっていたのですが、
すぐに、じゅわ~とほぐれました。
準備完了♪

真中に設けられた席には、既に何名か座っていらっしゃいました。
が、皆さん着物!!
雨は跳ね返りが気になるほどの強さにも関わらず、
さすが皆さん着慣れておられるようで、
雨用の草履カバーやレインコートを着用されて、お越しになられてました。

結局全員集まってみれば、私と友人以外皆さん着物で逆に洋服が恥ずかしいほど・・・
着て来れば良かったかな・・・と少し後悔してしまいました。

席につくと、お品書きと端には和紙で折られた折鶴が。
お聞きすると、去年の12月に行われた「折形(おりがた)を学ぶ会」
山根折形礼法教場の方に教わったペーパークリップだそうで、
これをもう少し織り込むと箸置きにもなるそうです。
鶴の祝い飾り
(鶴の祝い飾り)

和紙で箸置きなんて粋ですね~。
なんかこれだけでワクワクしてきました。

 ◆

折鶴を楽しんでいたら早速お待ちかねの日本酒が運ばれてきました。
もちろん日本酒カクテル
先ずは食前酒の「ブラッドオレンジカクテル」

ブラッドオレンジカクテルで乾杯~♪
お酒?と思うほどオレンジが濃厚でそれでいてサッパリ。
ちょっとシェイクされているんでしょうか。泡立ちがシャンパンみたいでした。
喉が渇いていたのもあり、ゴクゴク一気に飲み干してしまいました。

続いて「KIRAZ前彩盛り合わせ」&「スパークリングSAKE:三芳菊微発泡酒」

KIRAZ前菜盛り合わせ
ボリューム満点の前菜盛り合わせ

ここKIRAZさんはスペイン料理のお店。
初めご案内頂いた時は、スペイン料理に日本酒!?
と、味が全く想像できませんでしたが、前彩のパテやイクラon湯葉など
割と濃厚なお味が多いのですが、口の中がまったりと美味しくなった状態で
「微発泡酒」を呑むとさっぱり!
相性が良い!どんどん次の前菜に箸が進んでしまう見事なマリアージュ。

三芳菊微発泡酒(三芳菊 微発泡酒)

日本酒自体は舌触りがクリーミーさもあり、
精米される前のお米そのままの旨味と濃くがある深い味わいでした。

お食事もお酒もすすみ、皆さんほろ酔いになってきたところで、
お口直しのゆず酒のシャーベット。
ゆず酒のシャーベット(梅乃宿 ゆず酒のシャーベット)
ゆずそのまま凍らして削っただけ。
というくらい本当さっぱりとして、甘酸っぱい美味しいシャーベットでした。
ゆず酒さえあれば自宅でも作れるそうで、今度試してみたい一品です。

ちょっと口が落ち着いたところで、いよいよメインの登場。
「地鶏のオリーブ煮」&「梅乃宿よりオススメの一杯」

梅乃宿(梅乃宿 純米吟醸)

純米吟醸なんですが、大吟醸では!?と思うほどスッキリ&フルーティー。
結構お酒まわってきたのですが、グイグイ呑めてしまう程。
日本酒苦手な方でも、きっと飲み干せるさわやかな口当たりでした。

やっぱり吟醸系は、コッテリ系のお料理と合うのでしょうね。
地鶏のオリーブ煮 
「地鶏のオリーブ煮」は、オリーブがしっかり浸みこんでいて
しっかりとした歯ごたえもあり、とろみもあり、美味しい!
吟醸酒との相性抜群でした。

 ◆

続いて出されたのが、「三芳菊酒造:凡州山田錦 零」
反響の大きかった「零」(三芳菊 零)

これ、驚きです。
基本スッキリ&フルーティーなんですが、、、なんでしょう。
コックリとした舌触りもあるんです。
私のお隣に座っていた男性は、結構な日本酒通のようでしたが、
その方をもってしても「これは初めての味だ」と絶賛するくらい、
なんとも表現出来ない、ふくよかな味わいでした。

ご歓談中

こちら、零・壱・弐 とシリーズ化されているそうです。
「弐」は秋頃出回るそうなので、是非今度「壱」を
そしてもう一度「零」を味わいたいと思いました。

最後はデザート
32_large_20120321190622.jpg
フォンダンショコラバニラクリームアイス添え

外はカリっと香ばしく、中はとろ~り濃厚なチョコが。
この時期、フォンダンショコラ食べたくなるんですよね。
冷たくさっぱりとしたバニラアイスが、チョコを美味しく喉へ流してくれます。

最後のお酒は、「貴醸酒」
三芳菊 貴醸酒(三芳菊 貴醸酒)

結構、酔いもお腹も満タンになってきた頃のこの貴醸酒は、
「ガツン」とくる味わいでした。
確か、10年物と仰っていたと思うのですが、「濃い」んです。
「こゆい」んです。

私、フォンダンショコラをすぐ食べ終えてしまったので、
この貴醸酒と一緒に味わえなかったのが心残りです。

ちなみに、今回殆どのお酒をワイングラスで頂いたのですが、
ソムリエさん曰く、ワイングラスは香り立つこともあり
お酒の善し悪しがハッキリでるそうです。
確かに、全て冷酒だったのに、普通の御猪口で飲むより香が際立っていました!
新しい発見です。

お酒の説明に耳を傾けます

お腹も一杯でお酒も良い感じにまわり、時間を忘れて歓談していたら
気がつけば開始から3時間経過!
お酒があると時間を忘れますね。

最後はみんなで記念撮影してお疲れ様~。
皆様帰り支度しながらも、着物談義。
思い思いの帯やら足袋やら「可愛い!」「素敵~」と
初心者には刺激がいっぱいの出で立ちで、すっかり着物心に火がつきました。
次回晴れの日に挑戦したいと思います!

素敵な会を催してくださった美道楽の皆様、城田様、
美味しいお料理とお酒を用意して下さったKIRAZの皆様、
三芳菊と梅乃宿のソムリエの方々、皆様ありがとうござました。


ariko


special thanks!-----
 ○和酒バル KIRAZ
  目黒区三田2-9-5
 ○三芳菊酒造
  徳島県三好市池田町サラダ1661
 ○梅乃宿酒造
  奈良県葛城市東室27
 
スポンサーサイト

テーマ : 着物 - ジャンル : ファッション・ブランド

Tag : 美道楽 着物 日本酒 スペイン料理 KIRAZ 折形 三芳菊 梅乃宿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。