スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折形を学ぶ会~お正月に向けて日本の心を形にする(2011.12.4)

     2011-all (640x404)


美道楽のみなさま、はじめまして。
2011年12月4日(日)の「折形(おりがた)を学ぶ会」に
初参加させていただいた、nonchiと申します。
美道楽の会は、何回かお誘いを受けていたのですが、なかなか予定が合わず、、、。
それゆえ、今回参加できることをとても楽しみにしておりました。
特に、以前から気になっていた「折形」を教えていただけるとのことで、
当日は、足取りも軽く出かけてきました。

私が折形について知っていたのは、
 「武家の礼法の一つで、ものの包み方のこと」
ということだけ。
「武家の礼法」という言葉に、和文化大好きな私としてはワクワクするのですが、
興味津々のその裏側で、現代の生活に使えるのかしら?
との疑問もありました。

講師の庄司佳子先生に教えていただいたのは、
お金などの包み方と、箸置きにもなる鶴の折り方。

今までは、お友達にお金を渡す場面でポチ袋を使っていたのですが、
半紙や正方形の和紙(和菓子のかけ紙を活用してもよいそうです)
を使うこの折形だと、ちょっとだけ大人の所作にみえると思いますし、
普段の生活でとても活躍しそうだと思いました。

10.jpg
講師の庄司佳子先生です。
折形の歴史についても教えていただきました。

折形は、その包み方で中に何が入っているのか先様に伝えられる、
というお話しに、西欧のラッピングとは違う「日本人らしさ」を感じました。

**こんな折形を教えていただきました**
1. 半紙をつかった紙幣の内包み(吉の縦づかい)

IMG_3433.jpg

IMG_3434.jpg

IMG_3435.jpg

IMG_3437.jpg

IMG_3438.jpg


2. 正方形の和紙をつかった略式紙幣包み

使っているのは、四方を紅色に染めた「四方紅」という和紙です。
最近では、パルプが混ざっているものも出回っているそうですが、
先生が用意してくださったのは「こうぞ」「みつまた」など
植物の繊維を感じる、自然でやさしい風合いのものでした。
こういう繊細な感覚を大事にしたいものです。

IMG_3441.jpg
単純な折り方なのに、思わず感嘆の仕上がりになります。

IMG_3442.jpg

IMG_3444_1.jpg
折込み方を調整すれば、紅のラインの出方が変わります。
左端に寄った方が綺麗ですね。

その他、「四方紅」を使用して三つ折りにした紙幣の包み方と
鶴の箸置きを、小紋柄の和紙を使用した紙幣の包み方を教えていただきました。
鶴の箸置きはお正月に試してみたいと思います。

IMG_3448_1.jpg
着物の襟元みたいでかわいいですよね。

IMG_3452_1.jpg
お正月にぴったりの設えになりそうです。

IMG_3453_1.jpg
綺麗な小紋柄和紙に、乙女心がくすぐられました。


nonchi


special thanks!
  山根折形礼法教場 教授 庄司佳子様
  (プロフィール)
    故山根章弘宗主の直弟子として20年近くにわたり折形の奥義を学ばれました。
    現在山根折形礼法教室の教授としてカルチャーセンターの講師、
    アシスタントとして活躍。
    折形の伝承のほか、カリグラフィーやラッピングの分野でも活躍されています。
スポンサーサイト

テーマ : 着物 - ジャンル : ファッション・ブランド

Tag : 美道楽 着物 折り紙 折形 和紙 箸置き ラッピング 礼法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。