スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽坂で落語を楽しむ会(2011.9.11)

   みんなで


まだ夏の日差しが残る昼下がり、
神楽坂の赤城神社にて「落語を楽しむ会」を開催しました。
お噺をしてくださったのは、若手の噺家として注目されている昔昔亭A太郎さん。
まずは、落語界の簡単な説明をしていただきました。

落語の世界には階級制度があるようで、A太郎さんのように二ツ目になると、
袴や羽織を着ることができ、自分の手拭も作成できるようになるそうです。

新作落語
決まりに囚われず気楽に楽しんだ方がよい
というアドバイスをいただき、早速新作落語がスタート!
テンポよく進むお噺に、皆さんすっかり引き込まれた様子でした。

次のお噺に移る前に、美道楽は着物好きが集まっているということで、
こんなことはないのですが、着物の早着替えを見せてくださいました。
A太郎さん着替え中

空中で、ひょいひょいと畳んでいく袖畳みの早いこと!
そして、袴もあっという間に身につけてしまいました。
お噺に合わせて着替えをされることもあるということで、
手早い着替えは、まさにプロの技でした。

二席目は、人情味溢れる古典落語を聞かせていただき、
落語の楽しさをお腹いっぱい味わわせていただきました。


続いて、A太郎さんを囲んでの懇親会。
スイーツをいただきながら、噺家さんへのなり方や
お噺の練習のことなど、気さくに話してくださいました。


最後には、A太郎さんより手ぬぐいのお土産までいただき、
至れり尽くせりの落語会となりました。
様々な噺家さんの手拭

手拭のお土産

参会者の方々からお寄せいただいた感想も記載させていただきます!

『寄席では真打の落語家さん(高齢の方)ばかり見ているので、
 若いA太郎さんと話せて新鮮でした。(Tさん)』

『人間味のある先生で、応援したくなりました。
 初めての落語だったのですが、またぜひ参加したいです(Aさん)』

『落語に対しての垣根がなくなりました(Kさん)』

落語好きの方にも初めての方にも、楽しんでいただけたようで、
本当によかったです。

今回、初の落語会開催ということで、内容も思考錯誤したのですが、
実際の会を通して、私自身「身構えずもっと落語を楽しみたい!」という気持ちが増しました。

今後も美道楽らしい、ひと味違った落語会を企画できたらいいなと思います。


-------------------------------------------
昔昔亭A太郎(せきせきてい・えーたろう)
 平成18年2月昔昔亭桃太郎に入門
 平成22年2月より二ツ目昇進
 昔昔亭A太郎みたいなブログ。

落語のよろず「いたちや」
http://www.the-itachi-ya.com/
-------------------------------------------

yuima_ru

スポンサーサイト

テーマ : 着物・和風小物 - ジャンル : ファッション・ブランド

Tag : 美道楽 着物 落語 昔昔亭A太郎 神楽坂

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。