スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<着物de散歩>根津美術館~南青山のオアシスへぶらり

    nezubi001
    (根津美術館)


まだまだ暑い日が続いています。
家にいてもただ暑いだけなので、涼を感じられる場所探しをしています。

先日は青山界隈を散策しました。
青山風で、スタイリッシュな着物が話題になった頃は、
自分で着付けて出かけることに、自信がなかったので、
 「青山の町を着物で歩くなんてとんでもない!!」
と思っていました。

着物を着ることに自信がついてくると、不思議と度胸もつくもので、
憧れていた青山の街を着物で散策することにしました。

■着物雑誌でよくみかける「くるり」
「くるり」は、着物以外にも可愛らしい和雑貨がたくさんあって、
定期的にチェックしようかなぁ♪と思うほど、女心をくすぐるお店でした。
この日は、「夏にも締められますよ」と店員さんに勧められて、
ブルーグリーンの帯締めと、涼しげなガラスのピアスを購入。
早速、活躍しているアイテムです。

■きもの和處「東三季」を覗いてみました
「東三季」も『七緒』によく登場するお店ですね。
一見個人宅の門構えで、ちょっと入りづらい雰囲気でした。
昭和の頃に立てられた一軒屋を改築しているようで、どこか懐かしい佇まいです。
外観とは打って変わって、「現代風な着物や長襦袢が並んでいて素敵!!」
と思いましたが、一通りお話を聞き「来年また見に来ます」と退店。
いろいろ出していただいたのにすみません。いつか買いに来ます・・・

根津美術館は南青山のオアシスです
東武鉄道の創始者でもある根津嘉一郎氏が、
個人で所有した美術品を展示する目的で創られたらしいです。
天文学的なお金持ちがいらっしゃるものですね。

2009年に隈研吾氏の設計でリニューアルオープン。
敷地は2万平方メートル。館内は6つのギャラリーがあって、
国宝・重要文化財含めて7千点の美術品が収蔵されているとか!

8月27日(土)~9月25日(日)まで「名物刀剣 宝物の日本刀」展が開催されます。
名だたる武士が所持したと伝わる日本刀の名物を中心に、国宝9件、重要文化財22件、
重要美術品3件を含む約50件が展示されるそうです。(HPより抜粋)

もうひとつの見所は、美術館裏手の古き良き庭園。
nezubi003 nezubi002
(お茶室)               (NEZUCAFEへ続く小道)

どこか、森林へ迷い込んでしまったかのような庭園には、池と4つの茶室があります。
その日は風がなく、あまり涼しさは感じられませんでしたが、緑の美しい庭園でした。
庭を眺められるように、と大きなガラス壁面が特徴のNEZUCAFEで涼をとりました。

ガラス越しに見える緑が、一つの絵のようで、
それを引き立てるためか、店内の装飾はいたってシンプル。
何時間いたことでしょう、とても居心地の良い空間でした。

南青山界隈では、御主人と一緒の着物マダムにも遭遇しました。
さりげなく着物を着こなす姿は、思わず見とれてしまうほど美しく、
新たな目標になりました。

-----------------------------------------------------------
根津美術館
「名物刀剣 宝物の日本刀」展
2011年8月27日(土)~9月25日(日)

きもの和處「東三季」
港区南青山4-28-25

くるり 表参道
港区北青山3-5-9中央珈琲本社ビル1F 


namiki
minaminaman
スポンサーサイト

Tag : 着物 根津美術館 くるり 東三季 散歩

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。