スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月のイベントは草木染~花想容に赴いて

obidome
(ご主人手作りのガラスの帯留め)


まだ、紫陽花が花のカタチを紡ぎだそうとしている頃、花想容に伺いました。
目白駅から少し歩いた、閑静な住宅街の中にあります。

花想容は、大正時代からある建物だそうです。
かつてこの一帯は、総理大臣も務めたかの近衛文麿邸だったそうで、
当時を偲ぶのは今はここしか残っていないとか。
多少手は加わっているものの、
こうして今の時代まで大切に受け継がれていることは、素晴らしいですね。
今は、カフェを併設した呉服屋さんとして、着物や小物と身近に触れることができます。

その日は、8月の美道楽イベントの打ち合わせでした。
ちょうど浴衣の受注会をやっていてお忙しい最中でしたが、ご主人にはとても丁寧にご対応いただきました。
8月は、花想容にて草木染めを行います。
秋の草木を使って、どんな感じに染めあがるのか楽しみですよね。

日程は、8月28日(日)です。

また、皆さまとお会いできるのが楽しみです。


minaminaman
スポンサーサイト

Tag : 美道楽 着物 草木染 花想容

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。